ピアノ修復について


この業界では、「ピアノの修復」というとき、2つのタイプの仕事があります。 それらは全く別の職業と言ってもよいほどの違いがあります。

001Leschen1825 002Gross1838

1つ目のタイプは、博物館に入るような、歴史的に重要なピアノの修復です。 年代で言うと、ピアノが発明された18世紀前半から1840年頃までのピアノですが、フォルテピアノと呼ばれるこの時代のピアノは、非常に数が少なく、歴史的にも貴重な資料となっています。 このようなピアノは、博物館やピアノコレクターといった限られた人の手にしか渡りません。 歴史的な資料として残されるピアノですから、修復作業は機能を重視するより、なるべくオリジナルの部品を残します。 付け加えたり取り替えたりすることが必要な場合には、極力オリジナルに近いものを探してきたり、作ったりします。 そのようにして出来る限り当時の状態を保存することが、このタイプの修復の目的です。

003Pleyel1919 004Gaveau1923

2つ目のタイプの修復は、1840年から1940年頃までのピアノが対象となります。 この時代は、ピアノの製造が工業化され多数のピアノが作られたので、現存している楽器の数も多くあります。 博物館に保存されるほどの希少価値はないものですので、一般の人の手に入ります。 またピアノの構造も、今のピアノに近いモダンなものですから、一般のピアノ愛好家にとって違和感が少なく、弾きやすいピアノです。
このようなピアノの修復は、現役で使われる楽器として甦らせることが目的ですから、機能的に重要な部品は新しいものに取り替え、使用に耐え得る状態にします。 もちろんその際には、オリジナルの材質に極力近いものを選ぶようにし、元のピアノの特性を甦らせる修復を心がけます。

065 066

私が携わってきた仕事は、2番目のタイプ、現役として使われるピアノの修復です。 実際にどのような作業が行われるのかを、次のページでご説明していきます。